FC2ブログ
なんでも食べてしまう猫つんちゃんと、おてんばきんちゃんの日々、そして、かあちゃんのつぶやきです。
ご無沙汰しています
2020年01月05日 (日) | 編集 |
あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

気が付けば、年が明けておりました。
9月から更新が途絶えておりました。
めちゃくちゃ、放置しています。
インスタも、かなりゆるい更新ですが、ブログまで手が回らず><

いろいろ書きたいことがありすぎて、なにから書けばいいかわかりません。

去年は、本当にいろいろとあった年でした。
どっちかっていうと悪い方が多かった・・・。
生活も大きく変わったような、そうでもないような・・・(どっちやねん)。

自分の体調も、本当に不安定でした。
春には、謎の膝の猛烈な痛み。
もう辞めたけど、前のバイトで、座ったり立ったりがかなり辛く、
その後遺症なのかと思っていたのですがどうにもこうにも治らず、
整形外科に行くとサポーターをつけることになると言われ、
パンツが履けない生活(スカートは全くはかない人)は嫌だと思っていたら、
知人からスポーツ鍼灸師を紹介してもらい、針とマッサージに行きました。
その治療も”返し”がまた辛く、どうなるのかと思っていたら、夏ごろ痛みが和らいできました。

それで終わったのかと思ったら、秋に久しぶりのしんどい風邪を引き、
そのあとから、耳の聞こえが悪くなりました。
以前、突発性難聴の疑いありで服薬治療したこともあり、
病院に行きましたが、突発性難聴ではないとのこと。
でも原因不明で、その後もよくなったり悪くなったりを繰り返して今に至ります。
数回病院で診てもらったら、もしかしたらというのが、”低音なんとか感音難聴”。
聴力には問題なく、調子がいい時は若い人並みによく聞こえているらしい(笑)
最近気づいたのは、「左右で聞こえの音程が違う」「左耳だけ空気が入らない感覚」
「換気扇のガー音、電子レンジのゴー音など、特定の音が不快でならない」という症状。
特に左右差の聞こえというのが非常に辛く、片耳のみ耳栓をつけてる方が楽だったりします。

これも年からくるものなのかな~と思うと、なんだか悲しいな~と思うことも。

つんきんも同じように、じじいとばばあになりました。
13歳になりました。
ブログの猫年齢見たら、人間でいうところの69歳でしたわ。
相変わらずかわいいけどね^m^

そんなこんなの年明けになってます。

つんきんのことは、また書いていきたいと思っています。


スポンサーサイト



便秘きんちゃん
2019年09月08日 (日) | 編集 |
つんちゃんのあごにきび、
今はすこしずつ落ち着いてきたんですが、それでも1日おき程度に
綿棒にベビーオイルをつけて取っています。
(にきびは油分で緩めてとるのがいいそうで、
綿棒でなでるだけで、綿棒が茶色になるくらい汚れます)


00220001-20190904.jpg


つんちゃんのあごにきびの化膿部分が発覚し始めたころから、
今度はきんちゃんはもっともっといっぱい発生してましたTOT
本当に汚いの><
で、きんちゃんも1日おきに綿棒地獄。
きんちゃん、めちゃくちゃ嫌がって、なかなかきれいになりません。
あご全体が黒いにきびが埋まっている感じ。
女の子なのに~(関係ないけど)。
可愛くないじゃんよ~(関係ないけど)。


      私はにきびがいっぱいでもかわいいのよっ
DSC_1678-20190904.jpg


そして、ここ最近、きんちゃんは便秘ぎみです。
今までは、毎日快便、まん丸う〇ちを4~5個程度していたのに、
最近、気づけば、2、3日に一回の割合になっています。
う〇ちの形も小さいし、少ないし。
猫の便秘ってあんまりよくないってあったし・・・TOT

3日目、いよいよ病院に行くかと思ったらなんとか出すという
毎日綱渡り状態の日々を送っています。

ラキサトーンをあげるも、本当に嫌なようで、
口に入れようものなら、大暴れで逃げるので、
家中がベトベトに・・・。
ネットで調べて、ちゅ~るに乳酸菌入りのものがあったので、
とりあえずそれを食べてもらうことにしました。
ビオフェルミンは、医師に量を確認してからあげてくださいって
ネットで書いてあったから、あげる勇気が今はまだでない。

サプリメントとかも検討中です。

ずっと寝てるし、年取ったし。
ますます心配ごとが増えるんですね。


関係ないけど、うちの女子はみんな便秘体質(笑)

つんちゃんの症状
2019年09月06日 (金) | 編集 |
7月上旬
つんちゃんのあごの状態ですが、あごにきびは
取っても取っても結構な大きさのにきびが出るようになりました。
腫れてかさぶたができた場所も、治ったと思ったら、
隣の場所に新たなかさぶたができ、それが治ったと思ったら、
またその後ろにでき、と、3か所にハゲができてしまいまいた。
腫れて固くなるので、さすがに3個目になった時に
腫瘍なのかと不安でたまらなくなりました。

抗生剤も飲ませることをやめてしまったので、転院先の病院に
つんちゃんを連れていきました。
この日、めちゃくちゃ混んでいて、診察まで1時間半近く待ちましたTOT
今までのことを簡単にメモ書きし、それを見せて転院を希望していることを
伝えました。
抗生剤のことも考慮してくれたんだと思うんですが、
オイルタイプの塗り薬だけの処方になりました。
甲状腺の薬も、こちらで出してもらうことにしました。
診察後、さらに30分以上待たされました。

つんちゃんには、大変なストレスを与えてしまいまいた・・・><


DSC_1783-20190904.jpg



8月下旬
やっと化膿したものはなくなりつつありますが、まだもう1つあります。
それも治りはじめているので、やっと一安心かな?
ただ、治りかけたころに、別の場所に新たな腫れ物ができるので、
もう少し様子をみているところです。 ← 今ココ

転院しました
2019年09月04日 (水) | 編集 |
今まで通っていた動物病院は、うちから車で数分のところにありました。
きんちゃんはビビりで、家から出た瞬間から「べぇ~、べぇ~」と
恐ろしい声を出し、声が枯れるほど泣き続けるため、
きんちゃんのストレスを少しでも軽減するために、近所にお動物病院に
通っていました。

今までも、何軒か病院を変えました。
できれば家の近くというのが条件だったんだけど、なかなかいい病院に
出会うことができず、さまよいまくっていました。
今回の病院についてもそうでした。

でも、やっぱり、どうしても納得できないものが積み重なってしまって、
今回、とうとう転院しました。


        かあちゃん、なんかヤバいこと言ってない??
DSC_1738-20190904.jpg


最近、猫を飼っているお店の店長さんとお話する機会があり、
その方が通っているという病院を教えてもらいました。
家から車で15分~20分。
近いようで遠いです。
結構飛ばして(法定速度は守っております)、しかもすんなりと行けて、です。
結構な待ち時間もあるので、にゃんこにはかなりのストレスになります。

それがつんきんのためになるのか、正直、わからなくなってしまいました。

とりあえずは、しばらくはそこに通うことになりました。