なんでも食べてしまう猫つんちゃんと、おてんばきんちゃんの日々、そして、かあちゃんのつぶやきです。
つんちゃん
2006年11月20日 (月) | 編集 |
つんちゃんがうちにやってきたのは、
まだ生後2ヶ月に入った位の小さな小さなにゃんこの時。

ちっちゃくてかわい!

はじめまちて


まだ男・女の区別もつかない時期に、
かあちゃんがよく行くスーパーの前に
兄弟6匹と一緒にすてられていたんだって。

スーパーの従業員の人が、かわいそうになって保護してくれた。


かあちゃんはもう少し兄弟たちといて欲しかったんだけど、
兄弟たちは、あっという間にもらわれていって、
つんちゃんだけが残ってしまって、3ヶ月くらいになっておとこのこって
わかるようになったとき、家にやってきた。

かわいいでちょ


かあちゃんは、
保護してくれた人に、
「どの子でもいいから、おとなしくて、人懐っこい子がいい」
ってお願いしたの。
そしたら、つんちゃんが選ばれた。

いいおとこでちゅ


実はつんちゃん、
かあちゃんが前に飼っていた大切な思い出のねこ
柄がそっくりだった。
これって縁なのかなってしみじみ思った。

家に着てからのつんちゃんは、
予想に反して、いろいろとやってくれましたが・・・
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック