なんでも食べてしまう猫つんちゃんと、おてんばきんちゃんの日々、そして、かあちゃんのつぶやきです。
トライアル
2012年09月20日 (木) | 編集 |
保護猫ちゃん、昨日から、トライアルに行きました。

たけさん。
P1030329-20120920.jpg

早々に、「名前は変わります」とメールいただきました(爆笑)
そりゃそうだ!


ご夫婦はお仕事されているんだけど、
メインはおばあちゃん(70歳台後半)が飼われるそうで、
日中は、おばあちゃんと一緒にいられるようです。
ただ、おとなしい子を希望されていたので、
そこは、まったく反対の元気くんなので、心配です。
でも、この時期の子って、やんちゃですよねぇ~。
そこが見ててもかわいいんですよね^^

たけさんの心配ごとは、食べ物への執着が強いこと。
つんきんのご飯は横取りするし、
自分のご飯の食べ方も、すっごいがっつく。
しまいには、横から手を出そうもんなら、唸る。
人間のご飯もすごく気になって、結構いろんなもの
食べちゃうので、今後の身体のことも心配です。
テーブルにも登るので、かあちゃんが見ているときは、
水スプレー、シュッって、何度も何度も注意しました。
里親さんのおうちに行くまでに、少しでも学習してほしいと思っていたんですが。

きっと、人間とも接点はあったけど、外にいた時間も長い子なんでしょうね。

このことに感じては、何度も何度もお願いしてきたんですが、
おばあちゃんが飼い主なので、わからないですね・・・。
食べてはいけないものだけは、よく調べてあげないでくれれば、
それはそれで、そのおうちの育て方なので、いいと思っています。

昨日は、どうだったかな~~~???^^



それから、それから、うちにいた時のたけさんの様子ですが、
たけさん、自由奔放、すでに王子様状態でしたよぉ~。
つんきんたちは、すごく気になるけど、なるべく気付かないふり~でした(笑)
でも、たけさんは、よくおしゃべりするのです。
ず~~~っと鳴いているんです。
なので、気にしたくなくても、気になるんです。

昨日は、つんきんとお鼻でちょんちょんとやったり、

PAP_0320-20120920.jpg

里親さんのお宅に行く前くらいには、きんちゃんの尻尾で遊んだり、

P1030322-20120920.jpg

お互いに、フーシャーをいう回数は減ってきて、ずいぶん慣れてきてました。
最初は、病院でも犬さんに唸り、つんきんにも立派に唸っていたので、
他の子とは合わないのかと思いましたが、意外と、先住猫さんとも、
マイペースなたけさんなので、うまくやっていけそうな感じもしてきました。


今回は、いろんなことを勉強しました。
田舎での里親さんを探すこと、探し方の難しさ、
(今回は、猫の保護のお手伝いをされている方に
 全面的にお願いしたので、早かった~)
つんきんとの引きあわせ方、保護猫さんの状態管理、
などなど。

やっぱり、かあちゃんには、簡単なことではないと痛感しました><
猫の保護をされている方々には、頭が下がります。



まだまだ、まだまだ、安心はできないけど、
皆さんにもご心配をしていただき、
ありがとうございました。
あと数日、静かに様子をみてみたいと思います。


チビジャイアンがいなくなったうちは、
一気にさみしい静かなうちに戻りました。

あ~、やっぱり、我が家の王子・姫は、
つんきんだけよ~~~。


ほんまか? それより、このいす、汚くね?
P1030335-20120920.jpg
スポンサーサイト
テーマ:里親探し
ジャンル:ペット
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック