なんでも食べてしまう猫つんちゃんと、おてんばきんちゃんの日々、そして、かあちゃんのつぶやきです。
監視。
2006年12月26日 (火) | 編集 |

つんちゃんの異物食いが判明して以来、

母ちゃんは、つんちゃんをずっと監視している。

監視

 

留守にするときはケージに入れる、

がしかし、母ちゃんが家にいる間は、
つんちゃんがストレスになって暴れまわっては困るので
自由にさせてはいるものの、
その分、母ちゃんはつんちゃんを見張るよう、
お医者さんからも強く言われている。

こういうタイプの子は、
他にもいろいろ食べる傾向が
あるんだそうな。

吐いてくれればいいが、
物によっては腸につまって
開腹手術になるそうな。

冗談じゃないよぉ。

手術なんてめっちゃお金かかるじゃん!!

無理です!

ということで、母ちゃんが見張り番をしないといけないのである。

つんちゃんは、
朝3時から4時くらいに起きるおバカもの。
きっと子どもだから、
まだ時間の感覚がないんだろうけど・・・

朝から興奮状態で、
布団を駆け回るため、
家族を起こされては困るので、
母ちゃん一人が起きて、
居間へ。

母ちゃん家は小さいので、
隔離できる部屋がないのだ。
とほほ・・・

一暴れしてケージで寝てくれるときもあるが、
ほとんどは朝まで爆走。

母ちゃんはその間、
コタツにもぐってつんちゃんを見張る。

人が見たら、母ちゃんのほうがきっとおばかに見えるんだろうな。

寝不足で母ちゃんの体重が減り、
つんちゃんのせいで外出もめっきり減りました。

異物を食うのを止めるか、

朝早いの、

どっちかやめてくれ!!

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック